大阪の廃船処理でかかる期間

廃船処理の買取を大阪で行う場合には、まずは見積もりからはじめます。金額に合意、引き取り日程が決まればあっという間に廃船処理ができるため、すぐにでもという場合にはすぐ見積もりを依頼します。

廃船処理の流れ

見積もりに必要な書類を準備

船舶検査手帳や認書、本人確認書類、さらには船の写真を用意して、見積もりを依頼します。

金額合意後の打ち合わせ

見積もり金額に合意をすれば、引き取り日などの打ち合わせを行います。

費用の発生または受け取り

費用がかかる場合には費用のお支払、廃船処理が買取になる場合には、引き取り後すぐにお金を受け取ることができます。

解体後、金属を販売または処理

解体を行います。必要に応じて金属を販売したり、不要物に関しては処理します。

届けなどの必要な手続きを行う

抹消登録や廃船届などの必要な手続きを行います。

費用のマイナスがプラスになるかもしれない

漁船

廃船処理には手続き費用などでお金がかかるため、そのままでは収支はマイナスです。しかし大阪の買取サービスを利用すれば、廃船がそのままお金になるかもしれません。廃船は手をそのままの状態や手を加えて動くのであれば、まだ使い道があります。また動かなくても素材として活用できる可能性は十分にあります。したがってよほど酷い状態でない限り、お金に換えられるでしょう。つまり買取サービスを利用するだけで、本来マイナスで終わるはずだった収支がプラスになるかもしれないというわけです。また廃船処理は運搬用の車両を用意するなど、間接的に費用が発生する部分が多いです。そういった費用も、買取サービス次第では支払わずに済むかもしれません。

廃船作業も任せられる

漁船

廃船には色々な素材が使用されていて、それぞれ最適な方法で処理しなければなりません。そのため廃船処理を自ら行う場合、作業自体が非常に大変になります。ただ大阪の買取サービスを利用すれば、そういった作業もひと通り任せることができるでしょう。

大阪以外でも対応できることがある

漁船

船舶は使用している素材や搭載している機材によって、高い価値が出るものがあります。大阪の買取サービスはそういった船舶を重要視していることが多いです。そのため大阪以外で廃船処理をする場合でも、一応は確認しておいた方が良いでしょう。